ページの先頭です

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

ホーム

学会について

理事選挙に関する細則

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 理事選挙に関する細則

第1条 理事の選挙人は代議員とする。ただし、代議員の選挙直後に行う理事選挙の場合には、新しく選任された代議員とする。

第2条 理事の被選挙人は代議員とする。ただし、代議員の選挙直後に行う理事選挙の場合には。新しく選任された代議員とする。なお、理事選挙後に最初に到来する8月31日までに満65歳に達する者は、被選挙人を辞退する。

第3条 理事の選出は各支部において代議員中より互選し、理事長がこれを委嘱する。
なお、得票数の多い者から選出する。また、本学会は多職種の会員から構成されていることを配慮し、各職種の配分も考慮して選出する。

第4条 理事定数は、概ね15~25名とし、支部の被選挙人の比率とする。

第5条 各支部の理事定数は下記(支部に最低1名以上)とする。なお、支部定数は4年に1度見直しをする。

 

北海道    1名
東北    1名
関東    6名
甲信越    1名
東海    2名
北陸    1名
近畿    3名
中国・四国    2名
九州    3名
(計)   20名

 

第6条 理事選挙に関しては、理事会が選挙管理委員会としてその業務を担当する。
 

附則

  1. この細則は、2012年7月2日から施行する。 

 

このページの先頭へ
このページの先頭へ