ページの先頭です

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

ホーム

学会について

学会賞・学会奨励賞申し合わせ

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会賞に関する申し合わせ

I.総則

1. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に学会賞をもうける。
2. 本賞の名称は「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会賞」とする。
3. 本賞は、本学会領域への貢献が大であるすぐれた業績を対象とし、本会会員個人、または、本会会員が所属するグループや団体に与えられるものとする。
4. 本賞は賞状ならびに賞牌(賞金を付加することができる)をもってこれにあてる。
5. 本賞は毎年、総会開催時に受賞者または団体に授与される。受賞後、受賞者は本学会において受賞講演、学会誌への投稿(原著には限らない)を要請される。

II.選考

6. 学会賞の選考の対象となる業績(以下単に受賞業績という)は、研究業績などのほか、社会貢献等の本学会領域の種々の分野における様々な活動を含むものとする。
7. 選考対象の上記業績については、原則として、その全体または少なくともその一部が、本学会の機関誌あるいは本学会学術集会
      または本学会地方会において発表されていることを条件とする。
8. 選考は受賞候補者の応募に基づくものとし、応募は本会会員個人または団体のいずれからでも認められることとする。団体で申請する場合、代表者名を明らかにすること。
      代表者は本会会員であり、会員歴5年以上であることを原則とする。年齢等の制限は設けない。
9. 応募に際しては、1名以上の推薦を要する。推薦をできる者は、本学会の名誉会員、功労会員、理事、代議員とする。
10. 受賞業績は選考委員会において決定され、理事会の承認を得て、代議員総会へ報告する。
11. 受賞者数は、原則として、年度ごとに1名(または団体)とする。

III.選考委員会

12. 委員長は学会長がこれにあたる。他の委員は総務委員会を除く常設の委員会から1名の推薦をもってあてる。委員長の任期は1年、他の委員の任期は2年とする。

IV.業績評価基準

13. 本学会が関係する領域に対する学術的、社会的貢献度を総合的に判断する。

V.その他

14. 選考委員会は、選考から漏れた応募者(または団体)のうち、選考委員会が適当と判断した応募があれば、該当年度の奨励賞の選考に加えることができる。
15. 本賞の運営は本会運営費をもって充当される。
16. 選考に関するその他の事項は選考委員会が決める。

 

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会奨励賞に関する申し合わせ

I.総則

1. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に奨励賞をもうける。
2. 本賞の名称は「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会奨励賞」とする。
3. 本賞は本学会領域における将来の発展が期待される業績を対象とし、発表した本会会員個人または団体に与えられるものとする。
4. 本賞は賞状ならびに賞牌(賞金を付加することができる)をもってこれにあてる。
5. 本賞は毎年、総会開催時に受賞者または団体に授与される。受賞後、受賞者は本学会において受賞講演、学会誌への投稿(原著には限らない)を要請される。

II.選考

6. 学会奨励賞の選考の対象となる業績(以下単に受賞業績という)は、研究業績などのほか、社会貢献等の本学会領域の種々の分野における様々な活動を含むものとする。
7. 選考対象の上記業績については、原則として、その全体または少なくともその一部が、本学会の機関誌あるいは本学会学術集会
      または本学会地方会において発表されていることを条件とする。
8. 選考は受賞候補者の応募に基づくものとし、応募は本会会員個人または団体のいずれからでも認められることとする。団体で申請する場合、代表者名を明らかにすること。
      代表者は本会会員であり、会員歴3年以上であることを原則とする。年齢等の制限は設けない。
9. 応募に際しては、1名以上の推薦を要する。推薦をできる者は、本学会の名誉会員、功労会員、理事、代議員とする。
10.  受賞業績は学会奨励賞選考委員会〔以下単に選考委員会という〕において決定され、理事会の承認を得て、代議員総会へ報告する。
11.選考委員会は、学会賞選考委員会をもってこれにあてる。
12.受賞者数は、原則として年度ごとに3名以内とする。

III.業績評価基準

13.本学会が関係する領域に対する学術的、社会的貢献度に関して、特に、将来の発展性について総合的に判断する。

IV.その他

14.本賞の基金は本会運営費をもって充当される。
15.選考に関するその他の事項は選考委員会が決める。

附則

1.この申し合わせは、2011年11月3日から施行する。
2.学会賞の賞金は1件10万円、奨励賞は1件5万円とする。
3.学会選考委員会の当該施設に所属する者(団体)が学会賞応募者、奨励賞応募者となった場合には、当該選考委員はその応募者の判定に加わらないものとする。
4.選考委員会について委員長はその年度の学会長とする。他の委員は他の委員は各常設委員会から推薦された者とする。
5.選考は毎年度、総会の2カ月前までに受賞者を決定することが望ましい。
6.2015年7月30日改定 (Ⅲ.選考委員 毎年半数交代、重任しない削除)
7. 2016年6月28日改定(Ⅱ.選考に会員歴を追加)

このページの先頭へ
このページの先頭へ