ページの先頭です

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

ホーム

学会について

学会賞・学会奨励賞申し合わせ

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会賞に関する申し合わせ

I.総則

1. 一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に学会賞をもうける。
2. 本賞の名称は、「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会賞」とする。
3. 本賞は、本学会領域への貢献が大であるすぐれた業績を対象とし、本学会員個人、または、本学会員が所属するや団体に与えられるものとする。
4. 本賞は毎年、選考の上、学術集会時に個人または団体に授与される。受賞者は学術集会において受賞講演、学会誌への投稿(原著には限らない)を要請される。

II.学会賞選考委員会

5. 本賞選考のため、学会賞選考委員会をおく。
6. 委員会は学術集会会長を委員長とし、委員は総務委員会を除く常設委員会から1名の推薦をもって構成する。委員長の任期は1年、他の委員の任期は2年とする。
7.選考に関するその他の事項は委員会が決める。

III.募集要項

8.   本賞は、本学会領域への貢献が大であるすぐれた業績を対象とする。対象業績内容は、研究業績等のほか、社会貢献等の本学会領域の種々の分野における様々な活動を含む。
9.   対象業績は原則として、本学会学会誌、本学会学術集会、本学会支部学術集会において、その全体または一部が発表されていることを条件とする。
10. 応募は本学会員個人、または団体から受け付ける。団体の場合には代表者を明らかにし、筆頭代表者あるいは責任代表者は本学会員であることとする。
11. 応募者個人および団体代表者の会員歴は5年以上を原則とし、年齢の制限は設けない。
12. 応募に際しては、推薦者1名を必要とする。推薦者は、本学会の名誉会員、功労会員、理事、代議員とする。

IV.選考

13. 業績は委員会において選考審議の上、受賞候補者を選出する。その後、理事会において3分の2以上の多数決によって受賞候補者を決定し、代議員総会へ付議し決定する。
14. 受賞者は、単年度1件を原則とする。
15. 委員の施設に所属する者から応募があった場合は、当該委員はその応募者の選考審議に加わらないものとする。
16. 上記の場合において、委員長が委員会審議から外れる場合には、議長は委員の互選により決定する。
17. 委員会は、申請者のうちで学会奨励賞に適当と判断した場合、該当年度の学会奨励賞に選出できる。

V.業績評価基準

18. 本学会が関係する領域に対する学術的、社会的貢献度を総合的に判断する。

Ⅵ.賞の内容

19. 本賞の運営は本会運営費をもって充当される。
20. 本賞は賞状、賞牌ならびに賞金をもってこれにあてる。
21.本賞の賞金は1件10万円とする。

Ⅶ.申し合わせの改廃

22. この申し合わせの改廃は、学会賞選考委員会および理事会の承認を得て、代議員総会に報告しなければならない。

Ⅷ.附則

1. この申し合わせは、2011年11月3日から施行する。
2. 2015年7月30日改定(Ⅱ(6).選考委員 毎年半数交代、重任しない削除)
3. 2016年6月28日改定(Ⅲ(11).応募要項に会員歴を追加)
4. 2018年8月 31日改定(2018年7月6日 学会賞選考委員会において申し合わせを全面的に整理し再作成)
    修正箇所
   ・附則内容を該当箇所に整理。
   ・第16条・第22条の追加
   ・第17条の文章修正

 

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会奨励賞に関する申し合わせ

I.総則

1. 一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に学会奨励賞をもうける。
2. 本賞の名称は、「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会奨励賞」とする。
3. 本賞は、本学会領域への貢献が大であるすぐれた業績を対象とし、本学会員個人、または、本学会員が所属するや団体に与えられるものとする。
4. 本賞は毎年、選考の上、学術集会時に個人または団体に授与される。受賞者は学術集会において受賞講演、学会誌への投稿(原著には限らない)を要請される。

II.学会賞選考委員会

5. 本賞選考のため、学会賞選考委員会をおく。
6. 委員会は学術集会会長を委員長とし、委員は総務委員会を除く常設委員会から1名の推薦をもって構成する。委員長の任期は1年、他の委員の任期は2年とする。
7. 選考に関するその他の事項は委員会が決める。

III.募集要項

8.本賞は、本学会領域への貢献が大であるすぐれた業績を対象とする。対象業績内容は、研究業績等のほか、社会貢献等の本学会領域の種々の分野における様々な活動を含む。
9.  対象業績は原則として、本学会学会誌、本学会学術集会、本学会支部学術集会において、その全体または一部が発表されていることを条件とする。
10. 応募は本学会員個人、または団体から受け付ける。団体の場合には代表者を明らかにし、筆頭代表者あるいは責任代表者は本学会員であることとする。
11. 応募者個人および団体代表者の会員歴は3年以上を原則とし、年齢の制限は設けない。
12. 応募に際しては、推薦者1名を必要とする。推薦者は、本学会の名誉会員、功労会員、理事、代議員とする。

IV.選考

13.業績は委員会において選考審議の上、受賞候補者を選出する。その後、理事会において3分の2以上の多数決によって受賞者を決定し、代議員総会へ報告する。
14.受賞者は、単年度3件以内を原則とする。
15.  委員の施設に所属する者から応募があった場合は、当該委員はその応募者の選考審議に加わらないものとする。
16.  上記の場合において、委員長が委員会審議から外れる場合には、議長は委員の互選により決定する。

Ⅴ.業績評価基準

17.本学会が関係する領域に対する学術的、社会的貢献度に関して、特に,将来の発展性について総合的に判断する。

Ⅵ.賞の内容

18.本賞の運営は本会運営費をもって充当される。
19.  本賞は賞状、賞牌ならびに賞金をもってこれにあてる。
20.  本賞の賞金は1件5万円とする。

Ⅶ.申し合わせの改廃

21.この申し合わせの改廃は、学会賞選考委員会および理事会の承認を得て、代議員総会に報告しなければならない。

附則

1.この申し合わせは、2011年11月3日から施行する。
2.2015年7月30日改定(Ⅱ(6). 委員任期 毎年半数交代、重任しない削除)
3.2016年6月28日改定(Ⅲ(11).応募要項に会員歴を追加)
4.2018年8月 31日改定(2018年7月6日 学会賞選考委員会において申し合わせを全面的に整理し再作成)
 修正箇所
 ・附則の内容を各申し合わせの該当箇所に整理。
 ・第16条、第21条の追加

このページの先頭へ
このページの先頭へ