ページの先頭です

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

ホーム

医療関係者の皆様へ

呼吸ケア指導士について

呼吸ケア指導士制度について

 呼吸ケア指導士制度は本学会が新しい制度として2013年4月より導入した認定資格です。
目的は、呼吸障害をもつ人々の継続的ケアをチーム医療の中で実践するべく、呼吸ケアに関する最新の基礎的知識と臨床的技術を取得して、地域において指導的な役割を担っていける人材を認定し支援していくシステムです。
対象は医師、歯科医師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士・管理栄養士、薬剤師、放射線技師、言語聴覚士、臨床工学士、臨床検査技師、介護福祉士、その他の呼吸ケア領域で専門職種として活動できる立場の人です。
継続して3年以上本学会の会員であり(会費納入が継続されていること)、所定の研修単位(50単位以上)を取得し、認定委員会で認定されれば呼吸ケア指導士と認定します。将来的に初級・上級コースを設けてスキルアップをはかれるよう計画されています。研修単位は学会で認定する講習会、学術集会への参加、発表、学術論文の発表などによります。

 

このページの先頭へ
このページの先頭へ