ページの先頭です

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

ホーム

学会について

委員会規定

一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 委員会規定

1.この規定は、定款施行細則第3条に基づき、委員会に関し必要な事項を定める。
2.委員は理事長が委嘱する。

 

総務委員会規定

第1条 本学会の活動・広報の全般について迅速・円滑な対応を要する諸事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。ただし、会長はその任期期間は総務委員となる。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

編集委員会規定

第1条 「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌」の編集に関する業務を遂行する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員会は、投稿原稿の掲載の採否、修正の要否、掲載原稿の依頼および掲載記事の予定等編集に関する事項につき審議し、決定する。
第7条 委員長は委員会に先立って投稿原稿の修正の要否、掲載の可否等につき、複数の編集委員もしくは本学会会員に諮問することができる。
第8条 委員長および委員の任期は2年とする。
第9条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

附記1. 学術集会の講演者、演者等への学会誌原稿執筆依頼は学会事務局が行う。
 

財務委員会規定

第1条 本学会の資産ならびに会計に関する諸事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

将来計画委員会規定

第1条 本学会の将来計画に関する諸事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

呼吸リハビリテーション委員会規定

第1条 本学会の呼吸リハビリテーションに関する諸事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

診療報酬適正化委員会規定

第1条 本学会に関連する保険の診療報酬関係諸事項を調査ならびに審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

広報委員会規定

第1条 本学会の状況や活動をホームページなど内外への広報に関する諸事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

呼吸ケア指導士認定委員会規定

第1条 本学会の呼吸ケア指導士の認定、更新に関わる事項を審議する。
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。
第3条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。
第6条 委員長、副委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

短期委員会規定

第1条 短期委員会は日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に関連する諸事項を審議する委員会として設置するもので、審議内容を冠して委員会の名称とする。
第2条 本委員会は、2年を限度として所定の任務を遂行し、解散する。
第3条 本委員会の設置は、理事会で審議し、理事会の議決を経て決定する。
第4条 本委員会は委員長および委員若干名により構成される。
第5条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第6条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することができない。
第7条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長の決するところによる。

プログラム委員会規定

第1条 プログラム委員会は、年次学術集会のプログラムのうち特別講演、シンポジウムの演題および演者の選考ならびに一般演題の採否の審査、発表形式の決定などに関して会長または会長予定者を補佐するものとする。
第2条 プログラム委員会は委員長1名および委員若干名により構成される。
第3条 委員長には当該学術集会を担当する会長およびその予定者がこれにあたる。会長予定者が選任された時点で会長予定者は委員長となる。
第4条 委員長は委員予定者名簿を理事会に提出し、理事会はこれにもとづきプログラム委員を委嘱する。
第5条 委員長は随時委員会を招集することができる。
第6条 プログラム委員会は担当学術集会終了の時点で解散するものとする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

プログラム委員会規定申し合わせ

1.現行の会長選出方法では2つまたはそれ以上のプログラム委員会が併存する。第「 」回学術集会プログラム委員会と呼称するものとする。
2.プログラム委員は学会会員でなければならない。

呼吸ケア指導士認定審議委員会規定

第1条 呼吸ケア指導士制度規則第2条に基づき、呼吸ケア指導士認定審議委員会(以下、委員会)をおく。
第2条 理事長が委員長を指名し、これを委嘱する。委員長は呼吸ケア指導士認定制度委員会委員の中から副委員長および若干の委員を選任し、理事長がこれを委嘱する。
第3条 委員長は以下の職務を遂行する。
1. 委員長が委員会を招集し、司宰する。
2. 委員長事故等のときは、副委員長がその職務を代理する。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することはできない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。
第6条 委員会の事務は事務局において処理するものとする。

倫理・COI委員会規定

 第1条 本学会の倫理・COIに関わる以下の事項を審議する。
 1. 行政処分ならびに倫理指針・COI指針に反する会員の処分の審議
 2. 会員の関係した倫理・COI諸問題に関する学会としての対応の審議
 3. 会員に対しての倫理とCOIに関する教育ならびに啓発活動
 4. その他、理事会から諮問された倫理・COIの諸問題に対する審議
第2条 本委員会は委員長、副委員長および委員若干名により構成される。また、委員長 が必要とするもの(会員外を含む)若干名を委嘱することが出来る。
第3条 委員長は随時委員会を招集することが出来る。
第4条 委員会は委員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開き議決することが出来 ない。
第5条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の時には委員長 の決するところによる。
第6条 委員長および委員の任期は2年とする。
第7条 本委員会の改廃は理事会においてこれを行う。

 

附則

1.この規定は、2012年11月23日から施行する。
2. 2013年10月9日  一部改定(倫理・COI委員会規定追加)
3. 2015年10月14日  一部改定(総務委員会規定追加)

このページの先頭へ
このページの先頭へ